アレルギー体質の方に打ってつけな炭の家の正体

炭の力で健康住宅

レディ

古の炭の効果を現代に

炭は古くから、日本ではとても身近なアイテムです。世界遺産である日本の文化遺産の床下などにも敷き詰められており、その効果は調湿作用や臭いの吸着効果などさまざまです。この炭の効果を現代の家にも取り入れたのが「炭の家」と呼ばれるものです。炭の家は、約1トンの炭を床下や天井に敷き詰め、この炭の層の中に空気を循環させることで、家の中の空気を浄化するシステムを備えた家です。換気システムに使われている第2種換気は、病院の手術室にも使われている強制給排気ですが、これに炭という自然素材を組み合わせることで、健康的な家づくりを目指しているのです。現代の住宅は高気密高断熱です。きれいな空気を家の中に循環させることで、安心できる暮らしを手に入れることが出来ます。

炭の持つ様々な効果

炭の家を選ぶ人たちは、小さな子供がいる家庭や、呼吸器系の疾患を抱えた人が多くいます。それは、現代の家が高気密高断熱であるために、シックハウス症候群やカビなどの繁殖がしやすいということにあります。時代と共に環境が変化し、空気中にもさまざまな有害物質が含まれているとされています。喘息に悩む人も増え、一日の多くを過ごす家の中の空気清浄に気を使う人が増えているのです。炭には多くの効果があると言われています。高温多湿な日本では調湿作用は欠かせないものであり、炭にあいている無数の穴は臭いを吸着し消臭効果があります。また、炭には遠赤外線効果もあり、火をつけなくても発せられる遠赤外線は、健康にも役立つ作用なのです。このように、炭という自然素材をふんだんに使った炭の家は、健康を気遣う人に受け入れられているのです。

女の人

過ごしやすく安全な地域

南海は、季節風の影響を受けにくい湾岸エリアです。過ごしやすく、さらには大阪や和歌山への交通アクセスも良いので、南海の戸建て住宅には人気があります。大地震が発生する可能性があることから、建物の耐震性能を高めたり、地盤を改良したりといった取り組みも進められているので、その点からも注目されています。

室内

住宅はオリジナル性を重視

大阪では持ち家率が高い場所も多く、注文住宅などの建設も頻繁に行われています。ハウスメーカーや工務店のプランの中から選ぶこともできますが、注文住宅を選択することで家づくりの自由度は更に高まっていきます。

ハウス

省エネ住宅などを

京都の注文住宅はとても人気があって、省エネ住宅も多いです。断熱や気密性を高めることで、光熱費があまりかからない省エネ住宅とすることができます。窓やフレームに自分のこだわりを活かすことで、京都での生活はより楽しくなります。